冷却期間には、彼に何故フラれたか、原因を考えてみてください

あなたは何故相手にフラれたのでしょうか?

あなたはフラれた本当の原因をちゃんと分かっているのでしょうか?私はちゃんと分かっていなかったような気がします。

喧嘩別れになってしまった時はカーッとなっている事が多いので、お互いの言っている事を認められずに、自分の非も認められない事がほとんどです。

それどころか相手の非ばかりが頭に浮かんできてしまいませんか?

しかし、別れに繋がる本当の原因は、その中にあるのではないでしょうか・・・

実際に、別れてしまった時の事を思い出してみてください。

相手から別れる理由を告げられてしまったあなた・・・しかし相手から言われたその理由を認めたくないから、つい反論してしまう。

別れる理由を彼は告げているのですから、グッとこらえる事は難しいかもしれませんが、素直に受け入れ、ちゃんとした冷却期間を持った方が良いのです。

しかし・・・別れる理由を告げた相手は、あなたを傷つけまいとして、その優しさから相手なりの最後のウソをついたり、本心をはっきり言えない場合もあると思います。

なので、別れる理由を告げられて、あなたがその理由を受け入れられたとしても、最後のウソを見破る事、原因が本当にそれなのか冷静になって思い直してみる事が必要です。

付き合っていた期間で、相手に良く注意されていた事はありませんか?

大喧嘩にはならなくても相手の機嫌を損ねてしまいデートやその場の空気が気まずくなったりした事はありませんか?

どんなに思い直しても自分には絶対に非がない、納得がいかないと思った場合は、友人・知人を介してそれとなぁく相手に探りを入れて貰うのも良い方法だと思います。

ここで言う友人とは、必ず自分たち二人に共通している友人でなければなりませんよ。私の場合は、相手の職場に共通の男友達がいたので聞いてもらいました。

また、別れてしまった本当の原因が,自分にあった場合は、時間を掛けて直す努力をしていきましょう。

完璧に直せなくても、改善しようと努力する意思が大事です。

冷却期間であっても、直す努力をしているという事が相手に知ってもらえれば、相手も思い直してくれる可能性がきっと出てきます。

ちなみに、私は元彼の脈ありサインや、手紙の出し方のタイミングばかり必死に考えていました。絶対にやめて下さい。それをすると二度と戻 >> 続きを読む